(7月9日更新)【在宅就労支援】の取り組みが NHK とちぎ630 で放送されました

ごちゃ混ぜ地域コミュニティ「シェア金沢」のご紹介

シェア金沢は皆さまが理想としている社会を「ごちゃまぜ」社会として実現している成功例で、多くの方が全国から見学に訪れ、注目を集めています。

シェア金沢は社会福祉法人佛子園が展開する街づくり事業で、障害のある方が働いていたり、高齢者が環境整備に携わっていたり、大学生は月30時間のボランティアをすることを条件に、良心的な家賃ですむことができたり、高齢者、大学生、病気の人、障害のある人、分け隔てなく誰もが、共に手を携え、いろんな人とのつながりを大切にしながら、主体性をもって地域社会づくりを行っています。

この度、シェア金沢視察旅行に先立ち、シェア金沢紹介資料を掲載します。ぜひご参照ください。

「シェア金沢」に学ぶ多世代共生コミュニティ(第一生命経済研究所ライフデザイン研究本部、PDF:1.91MB)

シェア金沢「人づくり」で転換目指すごちゃ混ぜの街(日経アーキテクチュア、PDF:5.13MB)

タイトルとURLをコピーしました