『お知らせ』カテゴリーの投稿一覧

青い鳥郵便葉書の無償配付について

青い鳥郵便葉書の無償配付

 日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 横山 邦男)は、重度の身体障がい者及び重度の知的障がい者で、受付期間内にご希望いただいた方に「青い鳥郵便葉書」を無償で配付します。

 「青い鳥郵便葉書」は、青い鳥をデザインしたオリジナル封筒に通常はがき20枚を封入したものです。

 「青い鳥郵便葉書の無償配付」は、1976(昭和51)年度に当時の厚生省が提唱していた「身体障害者福祉強調運動」に合わせ、身体障がい者及び知的障がい者の福祉に対する国民の理解と認識をさらに深めることを目的とし実施して以来、社会貢献のための取組の一つとして継続しています。

詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2018/00_honsha/0316_01_01.pdf

1 配付の対象
(1) 重度の身体障がい者
1級又は2級の方
(2) 重度の知的障がい者
療育手帳に「A」(又は1度、2度)の表記がある方
2 受付期間
2018年4月2日(月)から同年5月31日(木)まで
3 配付期間
2018年4月20日(金)から同年5月31日(木)まで
4 配付葉書
通常郵便葉書(無地、インクジェット紙又はくぼみ入り(注))
通常郵便葉書胡蝶蘭(無地又はインクジェット紙)
5 配付枚数
お一人に付き上記配付葉書の中からいずれか1種類を20枚
6 お申出方法
(1) 窓口でのお申出方法
窓口で配付の希望をお申し出いただく場合は、最寄りの郵便局(簡易郵便局を除きます。以下同じとします。)に身体障害者手帳又は療育手帳をご提示いただいた上、「青い鳥郵便葉書配付申込書」(別紙)に必要事項をご記入の上、ご提出ください。
なお、代人によるご提出も可能です。
お申込みに必要な用紙は、郵便局の窓口に備え置いています。
(2) 郵送でのお申出方法
郵送により配付の希望をお申し出いただく場合は、適宜の用紙に、別紙と同等の内容を記入して最寄りの郵便局に郵送してください。
7 配付の方法
2018年4月20日(金)以降、最寄りの配達を受け持つ郵便局からお届けします。
なお、2018年4月20日(金)以降、申出者の住所又は居住の配達を担当する郵便局の窓口にお申し込みいただいた場合に限り、「青い鳥郵便葉書配付申込書」の記載内容を確認の上、その場でお渡しします。
【注釈】
(注) 「くぼみ入り」は、目の不自由な方が使いやすいように、郵便はがきの表面左下部に半円形のくぼみを入れ、上下・表裏が分かるようにした郵便葉書です。
青い鳥郵便葉書無償配付ご案内ページ1

青い鳥郵便葉書無償配付
ご案内ページ1
画像をクリックするとPDFが開きます

青い鳥郵便葉書無償配付ご案内ページ2

青い鳥郵便葉書無償配付
ご案内ページ2
画像をクリックするとPDFが開きます

青い鳥郵便葉書配付申込書(別紙)

青い鳥郵便葉書配付申込書
(別紙)
画像をクリックするとPDFが開きます

【お客さまのお問い合わせ先】
 お客様サービス相談センター
 <電話番号>
  0120-23-28-86(フリーコール)
  携帯電話からご利用のお客様
  0570-046-666
 (通話料はお客さま負担です。)
 <ご案内時間>
  平日: 8:00 ~ 22:00
  土・日・休日 : 9:00 ~ 22:00
 ※おかけ間違いのないようにご注意ください。

産技校よりパソコン科入校生募集のお知らせ

このたび県立県央産業技術専門校では就職に必要な知識や技術を習得するため、障害のある方を対象に職業訓練を実施いたします。

訓練内容
下部パソコン科入校生募集案内 裏面PDFの訓練カリキュラムをご覧下さい。
受講対象者
求職登録をしている障害者(身体・精神等)で総訓練時間数の8割以上の出席が可能な方。
※ 設備機器及び施設の都合で受講できない場合もあります。
定員
5名
訓練期間
座学2ヶ月 平成30年6月1日(金)から平成30年7月27日(金)
訓練時間  午前10時00分から午後4時00分まで5時間
休  日  土曜日・日曜日・祭日及び校長が定める日
実地場所
NPO法人 チャレンジド・コミュニティ 宇都宮市花房2‐8‐6(駐車場あり)
受講料
職業訓練の受講料は無料です。テキスト代金等は個人負担になります。
1.講習用テキスト代等 約2,500円(実費)
2.職業訓練生総合保険(2か月 2,400円+振込手数料)は希望する方が加入する。
募集期間
平成30年4月2日(月) ~ 平成30年5月15日(火)
※ 申し込みは、別紙入校願書及び履歴書に必要事項を記入し、障害者手帳(障害が証明できるもの)を併せて管轄する公共職業安定所(ハローワーク)に提出してください。
選考等
1.選考日時 平成30年5月21日(月) 選考時間を連絡いたしますので必ず出席してください。
2.選考会場 NPO法人 チャレンジド・コミュニティ 宇都宮市花房2‐8‐6
3.選考方法 面接選考 筆記用具を持参ください。
4.選考結果 平成30年5月25日(金) 郵送します。
パソコン科入校生募集の案内について

パソコン科入校生募集案内 表面
画像をクリックするとPDFが開きます

訓練の詳細内容

パソコン科入校生募集案内 裏面
画像をクリックするとPDFが開きます

募集については、県央産業技術専門学校「職業能力開発担当」までお問い合わせください。
募集状況により、訓練が実施できない場合もあります。

栃木県立県央産業技術専門校 「職業能力開発担当」
〒321-0905 宇都宮市平出工業団地48-4 TEL 028-689-6380

下野新聞で宇都宮市福祉事業所見学について掲載されました

下野新聞(2月22日付)で宇都宮市福祉事業所見学についての記事が紹介されました。
2月5日におこなわれました、就労移行支援事業所「とっと」での見学の様子も掲載されています。

宇都宮市福祉事業所見学の様子が下野新聞に掲載
画像をクリックするとPDFが開きます。

CICホームページ リニューアルのお知らせ

この度、CICホームページがリニューアルしました

日頃から、チャレンジド・コミュニティまたはCICホームページをご覧いただきありがどうございます。
今回のCICホームページのリニューアルにあたりまして、より多くの皆様に見やすく、分かりやすいホームページを目指していきました。
CICでおこなっている業務はどのようなものなのか、どう言った環境で業務をしていけるのかなど、詳しい情報を掲載しています。
ぜひ1度、新しくなりましたホームページをご覧下さい。
引き続きこれからも、より分かりやすいホームページをお伝えできるよう運営にも心掛けてまいります。

今後もチャレンジド・コミュニティ、CICをよろしくお願いいたします。


クリックするとCICホームページへ移動します

画像をクリックするとCICホームページへ移動します

平成30年 新年のご挨拶

NPO法人チャレンジド・コミュニティ
支援者の皆様

 

新年明けましておめでとうございます。

昨年末に公表されました一般企業への障害者雇用率ですが、栃木県は1.98%ということで、県の前年1.90%と全国平均1.97%を上回りました。障害者の就労支援に官民一緒になって活動した結果と思います。
我々は、有限会社コパンとの協働事業で、福祉的就労の場である就労移行支援事業、就労継続支援A型事業及び就労継続支援B型事業を運営しておりますが、働きたいチャレンジド(障害者と難病者)の社会参加の機会を創造・拡大する活動を積極的に行ってまいります。
また、約3年間休業していました指定相談支援事業所「いま・ここ」を昨年12月に再開いたしました。福祉サービスの1丁目1番地といわれる相談支援事業の充実を図ってまいります。
少子高齢化が加速度をつけており、福祉予算が十分に確保できない現状で、厚生労働省は「我が事、丸ごとの地域共生社会の実現」というテーマに基づいた政策を次々に実行し始めております。
我々はできる範囲内で、地域共生社会と障害福祉サービスの充実に向けて努力してまいります。

昨年同様、今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

◆チャレンジドとは
「チャレンジド」とは「Be challenged by god」(神から挑戦するように運命づけられた人)という意味で、障がいや難病のある方を前向きに捉えた言葉です。
我々は、チャレンジドが地域社会で安心して生活できように就労支援活動を行っている団体です。活動のキーワードは「自立」「参加」「協働」です。

◆経営理念
私たちは、①チャレンジドの社会参加のチャンスを創造し、
②チャレンジドの就労支援に邁進し、
③子どもの発達支援を応援し、
みんなで力を合わせて、働きがいのある組織をつくります。

平成30年1月4日
NPO法人チャレンジド・コミュニティ
理事長 金井光一

 

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

▲Pagetop