iPad無料教室実施レポート

以前からビジネスマンや若い世代を中心に活用しているITツール。今回はそのなかでもパソコンより手軽で持ち運びやすいiPadのイベント「iPad無料教室」を実施しました。
今回の対象は、怪我や病気から生じる高次脳機能障害や、その他、脳のことや障害に関心がある方々が参加しました。

無料教室の協働実施企業は株式会社インターリンクです。
インターリンクは2010年から「グラジェネ向け無料iPad教室」を社会貢献の一環として活動されています。

〇実施日時
実施日時:2014/02/18
場所:宇都宮コミュニティセンター

〇授業内容
1.テレビ電話(フェイスタイム)の体験
2.iPadで写真撮影
3.便利な写真機能
4.ゲームで「頭の体操」
5.「LINE(ライン)」でコミュニケーションしましょう
6.コンピュータと会話しましょう
 (秘書機能アプリSiri【シリ】の紹介)


タイルを使ってパズルをするゲーム。
頭のエクササイズにも効果的です。

〇授業風景
今回は、認知症を予防するアプリケーションの紹介や顔を見ながら気軽に交流できるツールを体験しました。
好評だったのが薬箱などのパッケージに表示してある小さな文字や新聞記事の文字を1タップで拡大する機能。「触れるだけで文字が大きくなった!」とみなさん興味津々で体験していました。


   若い世代にも人気のLINE。

イベントを終えて「やっぱり話をきくだけよりも、実際に体験しないと分からないことが多かったから、今回参加してみて良かった」、「楽しかった」という感想を頂きました。
みなさん楽しそうに体験していました。

今までご存じなかった新しい機能を体験するび驚いたり楽しそうにする顔を拝見して、これからももっと
多くの皆さんへITツールをご紹介していこうと思いました。

(チャレンジドITセンター iPad無料教室 企画・実施担当)

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

 

2017年4月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

▲Pagetop